Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

エンジニア必須スキル

日本の SE が好きそうな Excel ドキュメントのテンプレートを作った

ニホンノエスイーは Excel が大好きだ。設計書、テスト仕様書、WBS などは、当然 Excel で作る。 ただ、ニホンノエスイーのほとんどはスキルが低く、Excel すら使いこなせない。そのくせリッチな見た目や不必要なレイアウトに凝ったりするので、保守・拡張し…

自分がコードを書く時に気を付けていること

ふと思い立って、自分がコードを書く時に気を付けていること・心がけていることを振り返ってみた。 大きなくくりでいうと、こんなところ。 読みやすいこと (インデントや名前など、表面的なところ) 改修しやすいこと (ある意味での「読みやすい」こと) 冪等…

Excel で設計書作るのそんなに悪いことか?

僕は長らく Excel で仕様書や設計書、テストケースなどを作ってきた。現在も、何か情報を整理しようと思うと、とりあえず Excel に書き始めている。とある現場では「Excel マスター」なる称号をもらったりしたし、Excel の細かな仕様は技術ブログ Corredor …

契約による設計・契約プログラミングが少しワカッタ

「契約による設計 Design By Contract」とか「契約プログラミング Programming By Contract」とか、単語は聞いたことあったけど何するもんなのかよく分かんねーなーと思ってた。 Wikipedia の記事を抜粋するとこんな感じ。 参考:契約プログラミング - Wikip…

俺が弊社に指摘していた「認識の甘さ」が大事件になってたご報告

(※ 多分にフェイクあり) 弊社は技術力の高い人間はまぁまぁいるが、ビジネスコミュニケーションスキルが皆無だったり、契約や書類仕事が低品質で雑だったりする。「俺達は技術力で戦うぜヒャッハー!」的な学生っぽいノリだけでやってきた小さい会社なので、…

クラウドやるならアプリやインフラの垣根はなくさないと

フェイクあり。 オンプレからクラウドへのシステムリプレイス案件に携わった。PM はイベントに登壇して「エンタープライズにおけるクラウド移行の勘所」みたいなのを語ってるような人だったので、さぞ見識が深いのだろうと思っていたけど、いざ蓋を開けてみ…

レビューイは自分の成果物をどうレビューしてもらいたいか考えて伝えよう

「言われていたものを作りました。はいレビューしてください」というレビュー依頼の出し方をしていないだろうか?それはレビューイにとっても、レビューアにとっても、多くの無駄が生じるので、止めよう。 色々と思うことがあり、考えがまとまらなかったので…

技術系のネタを「ゴミ記事」にしないために注意すべき具体的なポイント

前回、「現実的、金銭的な収益を目指して技術記事をアウトプットするようにしたら、より読者のことを考えるようになるからアウトプットの質も上がってゴミ記事は減るんじゃね?」ってなことを書いた。 今回はそれとは別に、僕が良記事だと思うポイント、ゴミ…

日本のエンジニアのゴミ記事問題に対する、個人でスキルアップする方法は「アウトプット記事でお金を稼ごうとしてみること」

Qiita で「ゴミ記事問題」というのを目にした。 エンジニアは全員技術記事を書くことを習慣化した方がいいぞ … みんなアウトプットして育とうぜ、という話 日本人ITエンジニアの90%に記事を書いてほしくない … それに対して「日本のエンジニアはレベルが低…

「目 grep」が異様に遅いヤツら

エクスプローラであるフォルダ内から一つのファイルを探す時 あるソースファイルの中から特定のメソッドの宣言を探す時 表資料の中から今話題にしている書籍名を探す時 このような、「一覧の中から特定の文言の行を探す」ことを、ココでは便宜的に「目 grep…

「間違っていないことの確認」を怠る人

後輩「合ってるはずのパスワードをコピペして入れてるんですが、何度やっても通らないんです」 僕「一度通らなかったら同じこと繰り返しても意味ないから、まずパスワードが正しいことを確認しようか」 後輩「いや、パスワードは合ってるはずなんです、この…

質問は常に堂々としよう

人に質問する時に、 「○○が動かないんですけど……」(← けど、何?) 「○○を設定したら△△ってエラーが…出て……これって……○○の……バージョンが……」(← 何が質問したいの?) っていう、尻すぼみになる質問の仕方をする人によく遭遇する。途中から消えそうな声で喋る…

入力スピードが遅い人は学習スピードも遅い

物覚えが悪く、指示を正しく聞けず、どうしようもないミスを何度も繰り返す後輩を何人も見てきて、ある共通点に気が付いた。 彼らはブラインドタッチで文章を入力できなかった。入社したての1年目ではなく、2年目・3年目、下手すると4年目の人間でも、「こい…

「技術」と「能力」と「技能」の違い

技術 参考:「技術 辞書」で Google 検索 科学の原理を(産業や医療・事務などの活動に)役立てて、ものを生産したり組織したりするしかた・わざ。 「技能」「技巧」「技芸」よりは社会的な見方で使う。個人的能力についても使うが、その場合にも客観的にま…

プログラミング中に使う英語、コレだけ気にしておけば英語ができない人も大丈夫、だと思う話

英語ができない人が書くコードは、とにかく物事の関係性が無茶苦茶だ。主述はハッキリせず、クラスの役割もグチャグチャで、オブジェクト指向を理解していないように見える。それはきっと、「概念的な理解」が弱いからだと思っている。物事を適切に抽象化す…

認知が間違うと全て間違う

後輩が作業内容を大きく間違えていて、どうしてそうなったのかと「なぜなぜ分析」してみると、 前提とする知識に間違いがあるのに、間違いや不足があると認識していなかった 作業手順書に書かれていることの理解の仕方が間違っていたが、これも間違った解釈…

6年目のエンジニアが日々のスケジュールを立てて予定どおり実行していくためにやっていること

新卒からレガシーなニホンノエスイーとして4年、モダンなフロントエンドエンジニアとして2年やってきた凡百な SE が、普段どうやってスケジュールを立てたり、タスクを遂行したりしているのか、私見を書いてみる。 僕にとっては至極当たり前にやってきたこと…

もう二度と言いたくない「その言い方・書き方止めよう」集

分かりやすい公用文の書き方 改訂版作者: 礒崎陽輔出版社/メーカー: ぎょうせい発売日: 2010/08/06メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 84回この商品を含むブログ (5件) を見る コミュニケーション能力とかビジネスコミュニケーションとか言うならこの程度…

1文字間違えることの重さ

正確に伝わる! わかりやすい文書の書き方作者: 石黒圭出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/12/13メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 設計書を書いているのに、項目名の表記を勝手に省略したり、コロンやカンマなどの…

口頭説明は「話した時系列」に支配されるから悪

言いたいことが確実に伝わる 説明力 (アスカビジネス)作者: 五十嵐健出版社/メーカー: 明日香出版社発売日: 2014/03/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る どんなときでもバッチリ伝わる!説明力があがるコツ作者: 佐々木恵出版社/…

問題がなくても定期的に進捗報告する

絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)作者: 丸田富美子出版社/メーカー: 明日香出版社発売日: 2009/04/16メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 27回この商品を含むブログ (5件) を見る 伝達力・実績UP! 仕事の評価がグングン上がる…

開いているウィンドウ・タブは常にできるだけ減らしておく

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術作者: 高橋政史出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)発売日: 2011/04/13メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 6人 クリック: 480回この商品を含むブログ (32件) を見る 図解 ミスが少な…

広い視野を持つ

[asin:4270002077:detail] 結局、「決められる人」がすべてを動かせる作者: 藤由達藏出版社/メーカー: 青春出版社発売日: 2016/12/31メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る コーディングに夢中になっていると、今自分が書いて…

自分本位に話さないようにするための「言い方」の引き出し

「イヤ! 」と言ってもこじれない、嫌われない! ちょうどいい「言い回し」と「振る舞い」 (アスカビジネス)作者: 菊地麻衣子出版社/メーカー: 明日香出版社発売日: 2017/07/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る できる大人のモノの…

HTML のコーディングを正しく行うための考え方

HTML5 スタンダード・デザインガイド?Webサイト制作者のためのビジュアル・リファレンス&セマンティクスによるコンテンツデザインガイド? [リフロー版]作者: エ・ビスコム・テック・ラボ出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2013/02/14メディア: Kindle版…

設計工程の定義やプロジェクト管理に関するお話

プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 (A Guide to the Project Management Body of Knowledge)作者: Project Management Institute出版社/メーカー: Project Management Inst発売日: 2014/02/15メディア: ペーパーバックこの商品を…

歴史の勉強がエンジニアのスキルになる

人月の神話作者: フレデリック・P・ブルックス Jr.,滝沢徹,牧野祐子,富澤昇出版社/メーカー: ピアソン桐原発売日: 2010/12/14メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 10人 クリック: 91回この商品を含むブログ (50件) を見る 人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾…

「モチベーション」なんかに頼って仕事するなド素人が

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか (幻冬舎新書)作者: 相原孝夫出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2013/03/29メディア: 新書この商品を含むブログ (4件) を見る 「ぼく、面白そうなサービスの開発じゃないとモチベーション上がらなくて、…

レビューアは何をレビューすべきか = レビューイは何を注意すべきか

なぜ重大な問題を見逃すのか? 間違いだら けの設計レビュー 改訂版作者: 森崎修司,日経SYSTEMS出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2015/09/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る レビューアは、レビューで行うことを予め定義しておかないとレ…

教える側も教わる側も押さえておきたい心構えとかの引用

成功する人は、教わり方が違う。作者: 中谷彰宏出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2017/05/24メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 上手な教わり方の秘訣作者: 小高正芳,福田達夫,秋田豊,佐々木幸治,鈴木香織,青島利久出版社/メーカー: 三恵社発…