Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

所感

やっぱり npm とかエコシステムとかに対する違和感というか

以前も似たようなことを言った気がするけど、フロントエンド界隈は色々と複雑化する一方でつらい。 neos21.hatenablog.jp 開発言語を選ぶにしても Babel やら TypeScript やら、トランスパイルする言語それ自体と、Webpack などのビルドツール、それらを組み…

いくら言っても本人が経験しないとやっぱり理解されない

後輩指導はやっぱり難しい。 自分がつまづいたことに同じだけの時間をかけてほしくないな、と思って手厚くフォローしてみたりしても、それに甘えて受け身な人材にしかならない。 だったら逆に、インプットを多く詰め込んでいっぱい調べさせて考えさせる方が…

ソースコードの汚さは「諦めた回数」に比例する

プログラマーのためのソースコードを読む技術作者: 高木信尚出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2010/06/11メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 クリック: 151回この商品を含むブログ (14件) を見る 良いコード・悪いコードに対する知見がない初心者…

頑張っていないのではない、一生懸命やってそれなのだ

「もう、できちゃったの!?」と周囲も驚く! 先まわり仕事術作者: 新井健一出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2018/01/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る こんなツイートを見た。 立川談ノ助師匠が枕で、「寄席に行くと、下…

2018年は見栄えを良くしたい

「感じが悪い人」は、なぜ感じが悪いのか? 人生に成功する7つのSYAコミュニケーション (講談社+α新書)作者: 松下信武出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/23メディア: 新書 クリック: 5回この商品を含むブログを見る さて、2017年も散々愚痴ってきた。 2…

他人が気になる時は自分に集中できていない

ハーバードメディカルスクール式 人生を変える集中力作者: ポールハマーネス,マーガレットムーア,ジョンハンク,森田由美出版社/メーカー: 文響社発売日: 2017/11/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 隣のヤツが居眠りしてるとか…

確率の低いリスクを指摘するのは頭良いフリしやすくていいよね

世界一わかりやすい リスクマネジメント集中講座作者: 勝俣良介,ニュートンコンサルティング出版社/メーカー: オーム社発売日: 2017/11/28メディア: 単行本この商品を含むブログを見る リスクマネジメントの本質作者: 亀井利明原著,上田和勇編著出版社/メー…

バイアスを常に意識する

行動意思決定論―バイアスの罠作者: マックス・H.ベイザーマン,ドン・A.ムーア,Max H. Bazerman,Don A. Moore,長瀬勝彦出版社/メーカー: 白桃書房発売日: 2011/07/01メディア: 単行本 クリック: 12回この商品を含むブログを見る 心の中のブラインド・スポット…

後輩部下には根拠や理由を説明しない

部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない (ノンフィクション単行本)作者: 出口治明出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2013/11/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 後輩部下に自分で…

大きな泥だんご

マイクロサービスアーキテクチャ作者: Sam Newman,佐藤直生,木下哲也出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2016/02/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る 大きな泥だんご。英語で Big ball of mud。 理解可能なアー…

転ばぬ先の杖は欲しがっていない人に渡しても無意味

上司でも教えてくれなかった!仕事のマインドコントロール術作者: よしたか発売日: 2017/08/17メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 自分がよく知る作業を後輩がやっているのを見ると、2歩3歩先のタスクまで見えてしまい、ついつい 「次のこの作業…

ダメな奴がいつまでもダメな理由

アンチパターン―ソフトウェア危篤患者の救出作者: William J. Brown,3,Hays W.“Skip” McCormick,Raphael C. Malveau,Thomas J. Mowbray,岩谷宏出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ発売日: 1999/03メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 10回この商品…

仕事にテメェの好き嫌い関係ねえから

「このフレームワークってこういうところが嫌いなんだよね。俺はやりたくない」みたいなこといっちょ前なツラして言う SE いるけど、仕事にテメェの「好き嫌い」は関係ねえから。 好きとか嫌いとかいう評価基軸を使ってるヤツは主観的な視点しかなくて独り善…

ブックオフでのバイト経験がある僕が思う、ブックオフの買取審査や買取価格に関する話

ぼくはブックオフでバイトをしていたことがある。もう5・6年ぐらい前になるだろうか。地元のブックオフで7・8ヶ月ぐらいやっていた。珍しく楽しいバイトだった。みんな気さくで、かといってウェイ系なテンションの高さもなく、人間関係不得意な自分も楽しく…

「3年経ったら転職しよう」と思っている人は、2年経ったら転職活動した方がいい

新生活応援フェアの時期で、転職に関する記事も時たま見かけたので、最近転職した僕から一言言うとしたら、という記事を書いてみる。 僕が言いたいのはただ一つ。「3年経ったら転職しよう」と思っている人は、2年経ったところで転職活動を始めた方がいい、と…

「日本は島国だから」が色々と遠因になっていると思う

日本が島国だから、この問題は改善しないままになっているんじゃないかな、と思うことがいくつかある。ほとんどの問題は「日本が島国だから」に起因するような気がしている。 島国だから人的リソースを無駄にできない 日本は島国で、外から人が入ってくる機…

トイレが空いてる会社は良い会社なんだと思う

男子トイレの個室。前の会社ではいつも誰かが入ってて、並んでないとトイレに入れなかった。 今の会社は、フロアの人数が異なるものの、トイレの個室数は同じで、いつもガラガラ。すぐにトイレができて助かっている。 これは、前の会社にいる人たちが食物繊…

チートは使っていい

主にネトゲで、チートを使う人を叩く風潮が本当に嫌い。チーターを叩く行為が正当化されるケースは一つもないと断言する。 よく「ゲームバランスが崩れる」とかいうが、チーターと直接遭遇して、その人から逃れられないようなシステムになっているゲームなん…

「NIH 症候群」は誰も得しない

「NIH 症候群」という言葉を最近知った。 NIH症候群 - Wikipedia NIH症候群(英: Not Invented Here syndrome)とは、ある組織や国が別の組織や国(あるいは文化圏)が発祥であることを理由にそのアイデアや製品を採用しない、あるいは採用したがらないこと…

マインドは伝わらない。アクションは伝わる。

「マインドは伝わらない。アクションは伝わる。」 山田和史さんの「ズバ抜ける技術」という本の中の言葉みたい。著者も書籍も存じ上げなくて申し訳ないけど。 現場のココがイケてない、みんなこういう考え方をもってやれば上手くいくのに、みたいなことを思…

ビルドツールに対する違和感、結構持たれていた

参考:最近のビルドツールって何なの? - 檜山正幸のキマイラ飼育記 参考:gulp問題ひきずり:ウォッチがまたおバカ過ぎる - 檜山正幸のキマイラ飼育記 参考:[意訳]私がGulpとGruntを手放した理由 - Qiita 参考:フロントエンド開発の3ステップ(npmことは…