Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

独り言

脳内垂れ流し

本当はもう書きたいことなんかなくなってきているのだけど、何かを書く。 書いたら気が済んだ このブログでは、僕が仕事で不満に思ったことをベースに、「こうしたらいいのに」という希望を多く書いてきた。最近はそうした愚痴も湧かなくなってきた。周りが…

いよいよ図の方が大事な気がしてきた

以前こんな記事を書いた。 neos21.hatenablog.jp 図に起こした方が分かりやすい場面は多い。しかし、テキスト情報がないと、ググラビリティ (検索容易性) が低いと思う、という話だ。 ググラビリティは確かに低い。しかし、文字で示した情報って、そこまで大…

ゲロ恐怖症

電車で座ったりしていると、目の前に立っている人がコッチにゲロを吐きかけてくるんじゃないか、みたいな不安で気が気じゃなく、たまに電車を降りてしまうことすらある。酒臭い酔っ払いがフラフラしながら立っているのを見ると、同じ車両にいるだけで物凄く…

「平等でなくてはならない」という幻想

最近のクソ炎上、クソクレーム、クソ迷惑行為に関するニュースを見ていて思ったこと。 この人達は、「人々が平等であるべき」「人々にはどんな差もあってはならない」だと思っているのではないか? そして、実際はきっと、「人々は平等じゃない」し、「人に…

2018年は見栄えを良くできなかった

昨年2017年末、僕は「2018年は見栄えを良くしたい」という記事を書いた。 neos21.hatenablog.jp いくら正論を振りかざしても、相手が従いたいと思わなければ従ってはもらえない。「お前の話は理解できるが、お前のその言い方がムカつくから死んでも言うこと…

やっぱり npm とかエコシステムとかに対する違和感というか

以前も似たようなことを言った気がするけど、フロントエンド界隈は色々と複雑化する一方でつらい。 neos21.hatenablog.jp 開発言語を選ぶにしても Babel やら TypeScript やら、トランスパイルする言語それ自体と、Webpack などのビルドツール、それらを組み…

合理的無知

どこかで「合理的無知」という言葉を聞いた。 『合理的無知』 - Afternoon Tea 「合理的無知」とは経済理論のひとつで、あるひとつのことを知ることによって得られるメリットと、それを知るためにかかるコスト(デメリット)を合理的に考えて、コスト(経済…

2018年は見栄えを良くしたい

「感じが悪い人」は、なぜ感じが悪いのか? 人生に成功する7つのSYAコミュニケーション (講談社+α新書)作者: 松下信武出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/23メディア: 新書 クリック: 5回この商品を含むブログを見る さて、2017年も散々愚痴ってきた。 2…

親が用意してくれた環境を超えた趣味を持てない

社会にとって趣味とは何か 文化社会学の方法規準 (河出ブックス) [ 北田 暁大 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 人文・地歴・哲学・社会 > その他ショップ: 楽天ブックス価格: 1,944円 僕の趣味は、全て親が用意してくれていたものだった。 パソコン。親父…