Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

iPod nano 7G のイヤホンジャックが逆側についていると嬉しい

iPod nano 7G (第7世代) を使っている。普段 L 字型のイヤホンを差して、iPod nano は服のポケットに突っ込んでいる。ポケットに手を突っ込んで歩きながら、ポケットの中で iPod nano の側面のボタンを押して次の曲に移動したりしている。

だが、このスタイルで iPod nano を使おうとすると、イヤホンのコードが少しゴチャゴチャするのだ。iPod nano のデザインと使い方をイメージしてもらわないとなかなか伝わらない「困りポイント」なのだが、今日はその話をなんとか文章だけで伝えてみようと思う。

iPod nano 7G のイヤホンジャックは、液晶画面の左下に位置している。右下は USB (Lightning) コネクタになっている。そして、音量調節や曲送りをするスイッチは、液晶画面の左側に配置されている。

イヤホンジャックに L 字型のイヤホンを指すと、収まりが良いのは、本体下部に沿わせる方向。つまり、Lightning コネクタ側に L 字のコードを流してやると落ち着く。

で、こうやって L 字型のイヤホンコードを指した iPod nano をポケットに突っ込むと、iPod nano はポケットの中で、液晶画面左側を下にして配置されることになる。コードが本体左下から右に沿って流れ、耳に向かって上っていくワケで、そうなると iPod nano は左を下にして落ち着く、というのは分かっていただけるだろうか。

さて、こうすると、曲送りのスイッチ類は身体の下の方に位置することになる。ポケットに手を突っ込んで曲送りボタンを押そうとすると、自然に握った手の、人差し指の先あたりで押すことになるのだが、これがいかんせん押しづらい。

単純に曲送りボタンの押しやすさでいえば、左手で iPod nano を握り、左手親指で本体側面の曲送りボタンを押す感じが、押しやすいだろう。

しかしこの押し心地をポケットの中で、と思うと、必然的に iPod nano は本体左側を上に向けることになる。

こうすると、今度は本体左下から出ているイヤホンコードの収まりが悪く、一度本体右下 = 身体の下側へコードがながれ、そこから反転して耳の方へ流れていくので、ポケットの中でコードがゴチャゴチャする。

かといって本体左下から L 字のコードを流す時、本体の左側、L 字が飛び出す方に流すと、これはこれで左手の掌底あたりにコードが触れ、なんとも気持ち悪い。

そろそろ諦めそうだ…。伝わらなさそうだ…。

左手親指で曲送りスイッチを押したいのだが、ポケットに手を突っ込みながらこの操作をやろうとすると、ポケットの中でイヤホンが絡まる、ということなのだ…。

で、イヤホンジャックがもし本体の右下側についていれば、このイヤホンのゴチャゴチャが回避できると思うのだ。

…言ったからどうなるというワケでもないんだが… (汗

なんだこの記事…

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>

Apple iPod nano 16GB シルバー MD480J/A <第7世代>