Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

他人の些細な不注意を許せない

電車に乗ってて、駅に止まるブレーキでバランス崩して人様に迷惑かけたのに、次また駅を発射する時の動きでヨタついてバランス崩して周りの人に迷惑かけるバカな女とか。

駅の構内歩いてて、俺の斜め後ろから追い抜いて俺の真ん前に出るもんだから俺が避けられずにそいつのカカト踏んじゃって「えっ何コイツ」みたいな顔するバカ女とか。

主に女は総じてバカなんだから滅茶苦茶周り見て慎重に歩けゴミがっていう怒りなんだけど、友達と雑談の中でそういう話をしていたら、そいつが

「そういうバカなヤツが避けられると思って生活してないから、俺はもうイライラしないよ」

と言ってて、あーそういう考え方になりたいなーと思った次第。

俺としては、

「よく見て歩いている、正しいことしている俺の方が避けてやったり、そいつのために配慮してやるのはおかしい。バカが迷惑かけやがる方が悪いんだからお前らが学べ」

と思ってたんだけど、そいつとしては

「ダメなヤツは一生ダメっしょ、そんな奴らに期待しても仕方ない。そういう奴ら一人ずつとっ捕まえて怒鳴りつけてもキリないし」

ということだった。

自分も、「こいつらには話しても無駄だ」と思ったからこそ前の会社を捨てて転職したワケだし、自分が思う最低レベルの知能指数に達しない人類というのは相も変わらず存在する。

だからそういう道端の邪魔くせぇ連中のことも「あーまたバカが居るわ」と何も考えずに流せればいいのに、どうも流せなくて毎日イライラする。