Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

LPIC Level 1 に合格したので勉強法をまとめておく

この度、LPIC 102-500 試験に合格し、以前取得していた LPIC 101-400 と合わせて LPIC Level 1 資格を取得した。

今回は LPIC Level 1 を取得するための勉強法などについてまとめておく。

LPIC 101 試験の出題範囲と学習法

2つの試験に別れている LPIC Level 1。前半の 101 試験の内容はざっくりと以下のとおり。

  • システムアーキテクチャ : ブート、ランレベル
  • Linux のインストールとパッケージ管理 : ハードディスクのレイアウト設計、パッケージ管理ツールの使い方
  • コマンド : テキストストリーム処理、ファイル管理、パイプ、リダイレクトなど
  • デバイス、ファイルシステム : パーティション、ファイルのパーミッション、シンボリックリンク、ファイル配置

自分は Docker やクラウド VM を通じて Linux を触ることが多かったので、コマンド操作やパッケージ管理ツールの扱いは比較的理解していた。

しかし、システムのブートだとか、ファイルシステムの細かい仕様については理解が及んでおらず、またそのような操作をすることもほとんどなかったので、かなり苦労した。

101 試験は2018年に受けて、その時は Version 4.0 だったのだが、当時の参考書をひたすら読んで理解した他、Ping-T の無料コンテンツにある問題集をひととおりこなした。コレで一発目にして合格できた。

LPIC 102 試験の出題範囲と学習法

後半の 102 試験の内容は以下のとおり。

  • シェルスクリプト
  • X11・X Window System・GUI とアクセシビリティ
  • ユーザ・グループ管理、ジョブ管理、ローカライズ
  • システムサービス : 時刻管理、ロギング、メール、プリンタ
  • ネットワーク管理 : IP・ルートテーブル・DNS
  • セキュリティ : SSH、GnuPG

前述のとおり、Docker やクラウド VM を通じて Linux を触ることが多かったので、「シェルスクリプト」やユーザ管理、ジョブ管理、時刻設定や SSH などは、日頃やっていることが生かせた。X11 についても、以前 ChromeBook で Xfce を使って遊んだことがあったりして、多少は分かるかな、という感じだった。

一方、時刻管理やロギングサービス、TCP/IP などのネットワーク管理やルーティングテーブルなどといった話はチンプンカンプンだった。Linux OS レベルではなく、それより外のクラウドサービス側で設定することが多いので、使ったことのないコマンドも多かった。特に nmcli とか ip とか route とかのコマンドの動きが覚えきれなくて辛かった。CUPS なんか使わねえよなぁ?w

nmcli はホントに使うことないのにやたらと問題が出る。何が updown で、何が onoff なのかとか、サブコマンドが多くてこんがらがるので、実際に動作するコマンドをオプション込みで丸暗記するのが良いかと。

IP アドレスの計算とかもよく出てくる。「クラス A のアドレスは?」と問われている時に、ノリで「127.255.255.255 までのヤツだな…」と思ったら「10.0.0.0/8」のプライベート IP の方を問われていた、とかいう凡ミスが多い。

「使用できる IP アドレスの数は?」という計算問題も多いので、解き方を覚えておく。IP はとりあえず「2の累乗」で考える。

  1. 32 - 「/ 以降の数字」を計算する (例えば /26 と記載があれば、32 - 26 で 6)
  2. その数だけ2の累乗を計算する (2の6乗は 64)
  3. その数から2を引く (先頭の「ネットワークアドレス」と、末尾の「ブロードキャストアドレス」は使えない → 64 だったら 62 が正解)

タイムゾーンと LC_ なんたら、みたいなコマンド系もよく出てくる。

  • /etc/timezone は、t が入っているから「T ext」テキストファイル
  • /etc/localtime はバイナリファイル。$ cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime というコマンドで丸っと覚えておく

ユーザ管理も地味にミスりやすい。chage は1文字オプションの意味を覚える。-E なら Expires、-W なら Warning、みたいな。passwdusermod とか、/etc/passwd/etc/shadow とか。

$ last コマンドの実体は /var/log/wtmp$ who コマンドの実体は /var/run/utump。「w ho と w tmp」と紐付けそうになるが、そうじゃない。

/etc/nsswitch.conf は名前解決の「順序」を指定するモノで、検証には getent コマンド。/etc/resolv.confnameserver とか書く。digwhoisnetstathosthostnamehostnamectl。このあたりがこんがらがりやすい。最後は気合で暗記。

自分は2018年に LPIC 102-400 試験に不合格となっている。再受験しようとしている間に、「LPIC・LinuC 分裂騒動」があり、Version 5.0 にアップデートされた LPIC 102-500 を受験して合格した次第。

今回は Ping-T に1ヶ月課金し、問題集を全て金メダルになるまで繰り返し、「コマ問」の全521問の問題文と回答を全部見た。コマ問は答え合わせに解説がないので最後にやると良い。「開発者ツール」から JS で問題画面を操作し、521問を無回答で終了し、「答え表示」ボタンを順に押下するような JS を書いて、中身を確認していった。全部で2・3週間、15時間くらいの勉強時間だったかな。

コチラも、完全に動作するコマンドを作って暗記するのが良いだろう。ファイル名やコマンドとその内容は、セットになる「単語」があるので、それを導いて調べておく。例えば「『Path MTU』と言ったら tracepath コマンド、MTU という単語が出てこなければ traceroute」ぐらいの感じで。

LPIC 資格について

LinuC (LPI-Japan) との分裂騒動がもはや懐かしい LPIC (主催団体は LPI 日本支部)。分裂後、バージョンが v4.0 から v5.0 に変わっているが、全体的な「傾向」は大きく変わらない。しかし、出題内容についてはいくらか増えているので、参考書を買うのであれば v5.0 対応のモノを買った方が良い。現状は以下の2冊しか v5.0 対応の本がないので、コレだけをやる。

Linux教科書 LPICレベル1 Version5.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 Version5.0対応

  • 作者:中島 能和
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2019/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version5.0対応

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version5.0対応

  • 作者:山本 道子,大竹 龍史
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

自分の場合は書籍を買わず、Ping-T の問題集だけをやり込んだが、実際の問題文と雰囲気がだいぶ違うので、覚悟するように。もっと英文の直訳っぽくて、問題文も選択肢も、意味が読み取りづらい。一応、英語の原文も読めるようになっているので、「目的語が書いていない」場合なんかは、原文を読んだ方が良いだろう。

  • sudo にまつわる正誤問題で、「Jecy はパスワードを入力することなく id コマンドが実行できる」みたいな選択肢があって、誰のパスワード?というところが重要になるのに、「誰の」という情報が選択肢になかった。原文を見てみると、「her password」と記載があって、「彼女自身のパスワードを入力することなく…」という選択肢だったと判明

この「直訳っぽい文章」が非常に分かりづらく、「Ping-T で似たような問題を解いたことはあるが、この問われ方だと正解が怪しい…」という問題がいくつもあった。また、Ping-T で一切見たことのない問題もいくつか出たので、やっぱり書籍を買った方が安心できるかもしれない。

ところで、Ping-T の「コマ問」は、「オプション引数のみ書けばよいのか、コマンドとセットで書けば良いのか」が分かりにくい問題が多かった。しかし実際の問題では「オプションなどは記載せず、コマンドのみを記述すること」などと、比較的分かりやすい記述問題が多かった。記述問題の数は、全60問中、10〜15問程度だっただろうか。

LPIC 102-500 試験の場合、採点範囲は200〜800点。合格ラインは500点だった。自分は700点を超えられたのでまぁまぁ良かった。分かんないなーと思ってフラグを付けた問題は15問程度だったが、正答率を見るに、それらもまぁまぁ正解できていた様子。

自分は

  • LPIC 101-400 (Ver 4.0)

  • LPIC 102-500 (Ver 5.0)

の2つの試験に合格したが、このように 101 と 102 でバージョンが違っても、LPIC Level 1 資格を取得したことになる。

試験合格後、12時間も待てば、LPI のマイアカウント画面で「確認コード」と「認定証」が確認できるようになるので、はやる気持ちを押さえて待とう。

以上

LPIC は、Linux OS をコンテナ・クラウド分野で利用しているだけだと取得が難しい試験だと改めて感じた。ブートから複数人での GUI 利用まで、様々な知識を問われるので、できるだけ実際に Linux で作業をした経験がないと厳しい。出来れば、個人のノート PC に Linux OS を直でインストールして、色々いじくって覚えていくと良いだろう。

コマンドやファイルパスは丸暗記。/etc 配下の設定ファイルは本当によく問われるので、中身の書式も押さえておいた方が良い。「こんなモン普段使わねーだろ」という思いはこらえて、ひたすら感情を捨てて丸暗記だ。英語の「動詞」の細かい違いも押さえてあると、ifupifdown で、nmcli networking onoff という組み合わせなんかも覚えられrかと。

逆にいうと、英語力が多少あって、丸暗記が出来れば、この試験は合格できる。計算が苦手な人は、「2の累乗」だけで済む2進数の計算問題だけ覚えておいて、8進数の計算は捨てるのもアリ。その代わり他を妥協しない。

片方の試験で15,000円、両方受けて3万円。書籍と Ping-T に課金したとするとプラス5000円強。ほとんど Nintendo Switch が買えるくらいの額になるが、LPIC Level 1 に出てくる内容は SE の必須スキルともいえる内容が多分に含まれているので、ぜひとも取得しておきたいところだ。

シークバーを触り続ける人生。俺はインターネット依存症らしい

自覚症状

  • YouTube で5分・10分の動画を見ていても、すぐシークバーをいじって動画を進めてしまう
    • タイトルや前段の話を待っていられない
    • 早く本題に入って要旨だけ知りたい
    • 要旨さえ分かれば後の根拠や理屈は聞かなくて良い
  • 10秒程度の面白動画 (FailArmy 的なヤツとか) を見ている時もシークしたくなる
    • Instagram に上げられてる数秒の動画すら耐えられない時がある
  • 最近はスマホで見ている Netflix の映画でも近い感覚に陥る
    • テンポが悪い映画を見てると「どうせこの二人は仲直りするんだろ?ケンカしてる時間なげぇんだよ」とか「結局誰が死ぬんだよ?結末はよ」となって、10秒飛ばしボタンを連打してしまう
  • 文字数の多いブログ記事とか、ニュース系の話題を読むのが辛い
    • 要旨を拾い上げるのが難しい文章構成だと辛い。見出しや強調で要旨がすぐ分かる作りになっていて欲しい
    • 文字数が多いとやる気がなくなる
    • 読んでいるつもりでも文字が目を素通りしていくだけで内容が入ってこない時がある

以前よりもだいぶせっかちになったし、我慢ができなくなった。集中力自体が弱まっているし、集中力が持続しない。

早く結論を知りたい。答えだけを聞いて、理由付けは自分の中で適当にやりたい。

この年齢になって、どうせ新しい情報や発見なんか大してないし、色んなモノを見尽くして、大概の事象は見慣れている。

  • 自分の知らないことをちょこっと学べたりしないかなーと思って「ゆっくり解説」なんかを見てみたりするけど、「はいどうもー」から始まる冒頭の茶番が数秒でも我慢できない。知っている情報が多くて本題に入るのが遅いと飽きる
  • 面白動画を見ていても、「ハイハイ誰かがズッコケるのね、画面外からクルマが飛び込んでくるんでしょ、ほらそのとおりだ、こんな驚きのない動画で俺の時間を奪うな」とか思ったりする
    • そんなにつまんなそうに開くなら、そもそも見なきゃ良いのに…って自分でも思う

一刻も早く新しい情報に触れたいのに、知っていることばかりで飽きる。だからシークバーを飛ばすのだが、コレをやり過ぎていて「何でも早送りしたい病」になっている。色んなことが待てない。

見たくない話題も多い

新しい情報なら何でも良いのかというと、そうでもなくて、気に入らない話題も多い。

  • 芸能ニュース興味ない
    • 誰が不倫したとかどうでもいい
  • 政治系のニュース興味ない
  • トゥギャッターまとめとかによくある
    • 旦那が○○で困っています → 小粋な仕返ししてギャフンと言わせました (どう、アタシ被害者なのにセンスあるでしょ感)
    • 出先でオバサン・オジサンがおかしなことしてて迷惑しました → その場にいた知らない人が上手い切り返しをしました (スカッとしますよね感)
    • 私の○○がパクられました (私可哀想でしょ感)
  • …みたいなくっっっっだらないしょーもねぇ話題
    • ゴシップ誌とおんなじ、低脳敗者の慰め合い興味ない

一般人・素人のポエムみてぇな記事マジで読む気にならん。興味ねえ。目障り。存在がストレス。何者でもないヤツがなんとかして他人にマウント取ろうとしてるの薄ら寒いんだわ。

そのくせ Twitter 見なくなったら暇を持て余す

素人ゴシップの最たるモノといえる Twitter。別に普段全然見てるつもりはなかったのだが、アカウントが凍結されたのを機に Twitter ごと止めてみたら、やることがなくなって空しい。気が付けば Twitter を開きたくなっている。

だが、開いて何を見たいのかというと、別に誰の何が見たいとか、何かの最新情報を追い掛けたいとかいう思いはない。ブロックしてるアカウントは3万件以上あったし、見たくない話題も多くてうんざりすることも多かった。見なくなったらストレスから解放されると思っていたのに、いざ見なくなったら見たいのかよ。なんだそれ。

見なきゃ良いのに、見たくなる

新しい情報に触れたい気持ちはあるものの、見たくない話題も多くて、いざ見てもシークバーをいじくって飛ばして見て「あーつまんね」とか言って、そんなしょうもない行動なら止めちゃえばいいじゃん、と思うのだが、止められない。とにかく色んな文字・動画を浴びまくっていたい。

あー、これってネット依存症なんだなー、って思うようになった。

なんとかしたい

こうした現状をなんとかしたいという思いはあるので、改善法を考えてみる

味わう

シークバーで飛ばして要旨だけかいつまんだ「つもりになる」のは危険だ。そういう自覚はある。思考が歪む。

自分が取り入れるモノは、もっと「味わう」意気込みを強めないとな。ダラダラと摂取するのではなく、きちんと意識して収集する。「ながら見」したり、他のことと並行したりしない。意識して、集中しよう。

僕は食事もテキトーに済ませがちなので、元々の性格からそういうところがあるのだろう。でももっと味わわねば。

何もしない時間を恐れない

とにかくやたらめったらと何か情報を浴びていないと、という気持ちを捨て、「見るモノがなくなったから今日はネットサーフィン終わり!」と、止めていかなくては。

会社が暇なので、会社で暇を潰せそうなネタは家で取り組まないようにしているのだが、そのせいもあって、「家では何をやろう?」と考えることが多い。ネットを見ていても「コレは会社での暇潰し用!」と印を付けると、家で楽しめるコンテンツがなくなる。

どういう理由でもいいが、家で楽しめるコンテンツがなくなった時に、「なくなったので、終わり。」としなくてはならないな、と思った。

代わりに「やること」自体はたくさんある。掃除だっていいし、家計簿を付けたり、家事をこなしたり、先々のことに時間を使ったりしてもいいはずだ。ネットサーフィンで時間を消費しないといけない、という意味不明な前提を壊さなくてはいかん。

全てを手に入れようとしない

嫌いな話題を除いて、自分が触れていない情報があるのが嫌だ。RSS フィードは全部目を通したいし、気になった YouTuber の過去動画は全て見たい。

しかし、全て見るには時間がかかりすぎるから、シークバーを飛ばして、かいつまんで見ている。

コレって、見たことになるんだろうか?

潔く、「全部は見られない」と諦める必要があるだろう。

ジャンクフードはほどほどに

いつのまにか、ネットジャンキーになっていた。ネットサーフィンしていないと気が済まない現状は、病んでいる。だから、

  • 集中して味わう
  • 何もない時間を恐れない

を目標に、これから生活を変えていこう。

ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Neo's Release Notes v29.02.1 (2020-02-02)

今週もあっちゅー間であった。

仕事関連の振り返り

  • さっさと年間目標の振り返りをやった (目標達成)
  • 休まず出社した
  • 週の後半は仕事風なタスクができ、暇潰しできてよかった
  • 配置換えがあり来週からは精神衛生的に気楽

技術関連の振り返り

  • Neo's PHP Micro Blog は作成一段落。iOS ショートカットと組み合わせてガンガン使っている
  • 学んだことを記事化したが、なんだか最近満たされない (目標としては達成…?)
  • クラウド VM に GUI を作ってみたいが、うまく進んでいない

私生活の振り返り

  • あまり体調が良くなく、帰宅即食事・即寝 (というか半分失神) みたいな日が多かった
  • 「計画」をキッチリ立てられなかったものの、某 YouTube の動画を基に妻と軽く話したりはした (目標としては未達成…)
  • ネット依存について考えた (目標達成)。Slack ワークスペースに入ってみたりして、Twitter と違う情報に触れてみたりしている

趣味関連の振り返り

  • Netflix 視聴履歴 : 6本
    • ゴースト ニューヨークの幻
    • ブレイクダウン ロシア大統領暗殺
    • エリジウム
    • 2 バッド・ガイズ
    • Shazam!
    • 世界侵略 ロサンゼルス決戦
    • (頑張って飛ばさず見るようにした)
  • 某プロジェクトの会合に参加できず。具合悪すぎて実装も進まず (目標未達成)

来週の目標

  • 仕事関連
    • 目標振り返り面談があるので、今後を見据える
    • 社内制度について確認を取る
  • 技術関連
    • BitFlyer API を活用したアプリを作りたい
    • クラウド VM の GUI 化、やれたらやる
    • (あんま家でやれないし、かといって職場は制限があって難しいこともある…)
  • 私生活
    • 「計画」と「リストアップ」やる
    • 体調を戻すため、ビタミン剤を飲み、太陽の光を浴びるようにする
  • 趣味関連
    • 某プロジェクトの実装を進める

「TOSHIKI KADOMATSU 35th Anniversary Live ~逢えて良かった~」2016.7.2 YOKOHAMA ARENA [Blu-ray]

「TOSHIKI KADOMATSU 35th Anniversary Live ~逢えて良かった~」2016.7.2 YOKOHAMA ARENA [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: (株)アリオラジャパン
  • 発売日: 2016/12/07
  • メディア: Blu-ray