Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

シークバーを触り続ける人生。俺はインターネット依存症らしい

自覚症状

  • YouTube で5分・10分の動画を見ていても、すぐシークバーをいじって動画を進めてしまう
    • タイトルや前段の話を待っていられない
    • 早く本題に入って要旨だけ知りたい
    • 要旨さえ分かれば後の根拠や理屈は聞かなくて良い
  • 10秒程度の面白動画 (FailArmy 的なヤツとか) を見ている時もシークしたくなる
    • Instagram に上げられてる数秒の動画すら耐えられない時がある
  • 最近はスマホで見ている Netflix の映画でも近い感覚に陥る
    • テンポが悪い映画を見てると「どうせこの二人は仲直りするんだろ?ケンカしてる時間なげぇんだよ」とか「結局誰が死ぬんだよ?結末はよ」となって、10秒飛ばしボタンを連打してしまう
  • 文字数の多いブログ記事とか、ニュース系の話題を読むのが辛い
    • 要旨を拾い上げるのが難しい文章構成だと辛い。見出しや強調で要旨がすぐ分かる作りになっていて欲しい
    • 文字数が多いとやる気がなくなる
    • 読んでいるつもりでも文字が目を素通りしていくだけで内容が入ってこない時がある

以前よりもだいぶせっかちになったし、我慢ができなくなった。集中力自体が弱まっているし、集中力が持続しない。

早く結論を知りたい。答えだけを聞いて、理由付けは自分の中で適当にやりたい。

この年齢になって、どうせ新しい情報や発見なんか大してないし、色んなモノを見尽くして、大概の事象は見慣れている。

  • 自分の知らないことをちょこっと学べたりしないかなーと思って「ゆっくり解説」なんかを見てみたりするけど、「はいどうもー」から始まる冒頭の茶番が数秒でも我慢できない。知っている情報が多くて本題に入るのが遅いと飽きる
  • 面白動画を見ていても、「ハイハイ誰かがズッコケるのね、画面外からクルマが飛び込んでくるんでしょ、ほらそのとおりだ、こんな驚きのない動画で俺の時間を奪うな」とか思ったりする
    • そんなにつまんなそうに開くなら、そもそも見なきゃ良いのに…って自分でも思う

一刻も早く新しい情報に触れたいのに、知っていることばかりで飽きる。だからシークバーを飛ばすのだが、コレをやり過ぎていて「何でも早送りしたい病」になっている。色んなことが待てない。

見たくない話題も多い

新しい情報なら何でも良いのかというと、そうでもなくて、気に入らない話題も多い。

  • 芸能ニュース興味ない
    • 誰が不倫したとかどうでもいい
  • 政治系のニュース興味ない
  • トゥギャッターまとめとかによくある
    • 旦那が○○で困っています → 小粋な仕返ししてギャフンと言わせました (どう、アタシ被害者なのにセンスあるでしょ感)
    • 出先でオバサン・オジサンがおかしなことしてて迷惑しました → その場にいた知らない人が上手い切り返しをしました (スカッとしますよね感)
    • 私の○○がパクられました (私可哀想でしょ感)
  • …みたいなくっっっっだらないしょーもねぇ話題
    • ゴシップ誌とおんなじ、低脳敗者の慰め合い興味ない

一般人・素人のポエムみてぇな記事マジで読む気にならん。興味ねえ。目障り。存在がストレス。何者でもないヤツがなんとかして他人にマウント取ろうとしてるの薄ら寒いんだわ。

そのくせ Twitter 見なくなったら暇を持て余す

素人ゴシップの最たるモノといえる Twitter。別に普段全然見てるつもりはなかったのだが、アカウントが凍結されたのを機に Twitter ごと止めてみたら、やることがなくなって空しい。気が付けば Twitter を開きたくなっている。

だが、開いて何を見たいのかというと、別に誰の何が見たいとか、何かの最新情報を追い掛けたいとかいう思いはない。ブロックしてるアカウントは3万件以上あったし、見たくない話題も多くてうんざりすることも多かった。見なくなったらストレスから解放されると思っていたのに、いざ見なくなったら見たいのかよ。なんだそれ。

見なきゃ良いのに、見たくなる

新しい情報に触れたい気持ちはあるものの、見たくない話題も多くて、いざ見てもシークバーをいじくって飛ばして見て「あーつまんね」とか言って、そんなしょうもない行動なら止めちゃえばいいじゃん、と思うのだが、止められない。とにかく色んな文字・動画を浴びまくっていたい。

あー、これってネット依存症なんだなー、って思うようになった。

なんとかしたい

こうした現状をなんとかしたいという思いはあるので、改善法を考えてみる

味わう

シークバーで飛ばして要旨だけかいつまんだ「つもりになる」のは危険だ。そういう自覚はある。思考が歪む。

自分が取り入れるモノは、もっと「味わう」意気込みを強めないとな。ダラダラと摂取するのではなく、きちんと意識して収集する。「ながら見」したり、他のことと並行したりしない。意識して、集中しよう。

僕は食事もテキトーに済ませがちなので、元々の性格からそういうところがあるのだろう。でももっと味わわねば。

何もしない時間を恐れない

とにかくやたらめったらと何か情報を浴びていないと、という気持ちを捨て、「見るモノがなくなったから今日はネットサーフィン終わり!」と、止めていかなくては。

会社が暇なので、会社で暇を潰せそうなネタは家で取り組まないようにしているのだが、そのせいもあって、「家では何をやろう?」と考えることが多い。ネットを見ていても「コレは会社での暇潰し用!」と印を付けると、家で楽しめるコンテンツがなくなる。

どういう理由でもいいが、家で楽しめるコンテンツがなくなった時に、「なくなったので、終わり。」としなくてはならないな、と思った。

代わりに「やること」自体はたくさんある。掃除だっていいし、家計簿を付けたり、家事をこなしたり、先々のことに時間を使ったりしてもいいはずだ。ネットサーフィンで時間を消費しないといけない、という意味不明な前提を壊さなくてはいかん。

全てを手に入れようとしない

嫌いな話題を除いて、自分が触れていない情報があるのが嫌だ。RSS フィードは全部目を通したいし、気になった YouTuber の過去動画は全て見たい。

しかし、全て見るには時間がかかりすぎるから、シークバーを飛ばして、かいつまんで見ている。

コレって、見たことになるんだろうか?

潔く、「全部は見られない」と諦める必要があるだろう。

ジャンクフードはほどほどに

いつのまにか、ネットジャンキーになっていた。ネットサーフィンしていないと気が済まない現状は、病んでいる。だから、

  • 集中して味わう
  • 何もない時間を恐れない

を目標に、これから生活を変えていこう。

ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)