Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

Lenovo ThinkPad のラインナップ・特徴・型番の読み方を整理する

ThinkPad X250 を買おうと思った時、シリーズの特徴が分かりづらかったのでまとめることにする。

neos21.hateblo.jp

neos21.hateblo.jp

基本的な命名規則は

  • シリーズ名を表す英字1文字
  • 3桁の数字
    • 百の位 : モニタのサイズ (例 : 3 始まりなら13インチ)
    • 十の位 : そのモデルの世代
    • 一の位 : Intel CPU なら 0、AMD CPU なら 5

という命名が多いが、「X1」とか、後ろに「s」が付くマイナーチェンジモデルとかもあって、ハッキリしない。

ThinkPad のラインナップと特徴は、独自調べで以下のとおり。

  • X : 12・13・14インチ 軽量化メイン。Yoga モデルあり
  • L : 13・14・15インチ。X より重いが安いモノが多い。Yoga モデルあり
  • E : 14・15インチ。L・T シリーズより安い。3桁の末尾が 5 だと AMD CPU
  • T : 14・15インチ。E シリーズより軽く高価
  • P : 14・15・17インチ。高性能だが重く高価
  • A : 12・14インチ。AMD CPU。3桁の末尾が 5
  • ThinkBook : 13・14・15インチ。最廉価。バッテリー小さめでトラックポイントなし。IdeaPad 寄りだがカメラにプライバシーシャッターがあったりする

その他、Lenovo が取り扱うノート PC 周りは以下のようなブランドがある。

  • Lenovo
    • V : ラップトップ
    • E : タブレット・ほぼ ChromeBook
    • ChromeBook S
  • IdeaPad
    • 3桁の数字は ThinkPad の命名規則とは無関係
  • Yoga
    • Yoga Book、Yoga C、Yoga S など
    • ThinkPad の Yoga とか、Lenovo のタブレットモードがあるモデルとはまた別になる
  • Legion
    • Y : ゲーミングノート

うーん。すげー分かりづらい。

とりあえず選び方から並べるとこんな感じかな。

  • とにかく軽さ重視・値段は二の次 → X シリーズ
  • とにかく安さ重視・重量は二の次 → E シリーズ → L シリーズ (少し雰囲気が違うが ThinkBook とかもココか)
  • コストとパフォーマンスのバランスが取れた通常サイズ機が欲しい → L シリーズ
  • コストとパフォーマンスのバランスが取れた大きめの機種が欲しい → T シリーズ
  • 重くても性能重視 → P シリーズ (ゲーミングノートの Legion Y とかもココかな)
  • Intel CPU が嫌い → A シリーズ、末尾が 5 で終わるモデル
  • 会社っぽい PC を避けたい → IdeaPad、Yoga、Lenovo V
  • Windows OS を避けたい → ChromeOS の Lenovo E・ChromeBook S

自分はコンパクトさ重視で、12インチの X2xx シリーズから、中古で安価な X250 を選んだというワケ。

Lenovo ThinkPad X1 Carbon 20HR0005JP Core i5/8GB/256GB

Lenovo ThinkPad X1 Carbon 20HR0005JP Core i5/8GB/256GB

  • 発売日: 2017/02/08
  • メディア: Personal Computers