読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Murga

SE やプログラマの仕事周りに関して個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

女は人混みで邪魔になってるから避けて生きろ

ストレス 怒り

人混みでの避け方が間違ってるのはすべからく女だ。よく「女性脳」とかいって、脳の働きのせいで空間把握能力がないからそうなるんだ、という話を聞くが、それだけじゃないと思う。

女は周りが避けるのが当然だと思い込んでるフシがある。「避けてもらっている」ではなく、「周りが私様のために避けるのが当然」だと思ってる。だからこそ、改札に向かって同じタイミングで他人とぶつかったりしたときに、「私が優先に決まってんじゃん」と言わんばかりに他人を押しのけて通ろうとする。

ベビーカーを押してる女でさえ、子供を平気でぶつけてくる。あいつら子供が死んでもいいと思ってるようだ。

混雑した人混みとはいえ、他人のパーソナルスペースってものがある。「ここまで他人に近付かれたら嫌だな」という領域に、女は平気で入ってくる。その感覚は「私がそこを通りたいのだから、その通り道にいるお前のほうが邪魔で、避けるべき存在だ」と思ってるに違いない。そうでなかったら、女のほうが、そんな近くに他人を近付けて、身の危険を感じないわけがない。「あんたがどくのが筋でしょ」と思ってるんだ絶対。

お前らホント痴漢されても文句言えねえぞ。刺し殺されても知らねえぞ。

支配欲

ストレス 考えてること 反省

news.livedoor.com

潜在的×環境的支配欲のまとめ

支配欲が一番強いのは、「男性脳×長男長女」タイプ。同じく支配欲の強い相手とは衝突が起こるので、どちらかが譲る必要が出てきます。仕事や友人関係ならまだいいのですが、厄介なのが恋愛関係。どちらかが我慢を続けないといけないのですが、我慢をする関係は長く続きませんよね。

大事にして欲しい人に大事にされていないと、強い怒りと悲しみに囚われることがある。

それも、相手が別の人と会話しているだけで物凄くカッとなっていたり、学校や仕事など相手が時間を使ってしかるべきことでも、自分が後回しにされるような感覚を覚えて悲しくなったりする。

どうやら自分は、独占欲が強烈に強いらしい。

何でこうなったんだろう?と考えていた。


自分は長男。下に弟がいて、年齢差的に、自分が3~6歳ぐらいの頃は両親とも弟の世話に付きっきりだったと思う。

子供ながらに、「親に構って欲しいけど、弟の世話が必要なことで、大変なのも理解はできるからなぁ」と、少し我慢した記憶はある。両親は最善を尽くしてくれていて、なんとか片方だけでも時間を作って、自分が一人ぼっちにならないように相手してくれていたと思う。オモチャだってお菓子だって、弟だけに買い与えるようなことは1回もなく、必ず自分にも同じものを与えてくれた。

自分が小学生ぐらいの頃までは、まだ幼い弟に手がかかることもあったから、親は弟をまず見る、ってことがあったけど、それも自分が中学に入るぐらいになったら、ほぼ差がなくなったと思う。

親は最大限自分に時間を作ってくれていたし、物質的な不満もなかった。親の育て方に改善すべき点なんか、今見ても全く思いつかないくらい、本当に良くしてくれていたと思う。感謝するばかりだ。


子供の頃、「1回も不満に思ったことがない」ワケではない。「ぼくは自分で変えることができない、長男という特性のせいで我慢させられている」と感じたことは、親が最善を尽くしてくれたものの、何度かはある。「弟がいなければ」と八つ当たりするように思ってしまったことも、なくはない。

でも、何度も書いているように、親はこれ以上ないくらい自分も平等に構ってくれていたし、大きくなってから振り返ると、何を我慢したか覚えているエピソードは全くないし、むしろ「あれもこれも、弟優先にせず、自分も同じように大切にしてもらえていたなぁ」と感じることばかりだ。この辺は当時からも、ちゃんと感じていたと思う。親や弟に対してわだかまりなんて全くない。


例えば、弟と自分が同じモノを工作するようなときに、親がそれを見ていたとして、幼い弟がハサミの使い方が危うくて、親がそちらに付きっきりになったりする。

理性的には、親から自分の優先度が、瞬間的に、わずかに下げられることに対して、「弟の方がまだ幼いから、親が優先的に気にするのも仕方ない」「親は自分を見捨てているワケでは決してない」「だっていつも平等に扱ってくれてるし」「親に見られていないけどぼくは別に親の手助けがなくてもコレはできるし、問題ない」と解決していたと思う。まぁ、事実として構ってもらえているワケではないから、寂しく感じないワケではなかったけど、相手がそちらをより大事にする理由も、それによって自分が大事にされていないワケではないということも、十分に理解していた。


それなのに、どうも強い独占欲は残り続けて、相手に暴力を振るってでも自分を優先してもらいたい、と思うような強烈な怒りと、何で自分は構ってもらえないんだろう、というような寂しさが同時に起こる。相手に強く言っていうことをきかせても虚無感があるし、相手の本意じゃないことをさせているということで余計に悲しくなったりする。

そういえば、小さい頃、夜尿が長いこと止まらなかった。あれも何かそういうストレスがあったのかなぁ。



しあわせソウのオコジョさん 06話

どうして俺じゃダメなのかなぁ…

マンガ版のオコジョさんの中でも、この話がどうも好きで、タッチンのこの一言にどうも共感を覚える。凄く悲しくなるのだ。

自分が望むように振る舞うと、相手に無理を強いることになるし、我慢しようとすると、強い怒りと悲しみに囚われて、平気で何日か引きずったりする。これ以上嫌な思いをしたくないからと、自分が望まない言動を取る人を「大切な人」にしないようにしてきた。


25歳にもなったら、もう少し理性的に考えられるようになってるだろう。と思ったけど、そんなことなかった。毎日何をこんなに悩んでるのか、というか相手はちゃんと構ってくれてて本来不満とかいうところない気がするのに、何を怒ってるんだろう、理不尽なヤツだなぁ、と自分で思う。

この年齢になったら、もういい加減親や育ちのせいにしたくない。「変えられない性格なんだ」と諦めたくもない。穏やかに暮らしたい。怒ったり悲しんだりすることじゃないんだと自分の脳に分かって欲しい。


「構ってもらえない」と言いながら、相手が構ってくれている時のことを忘れていると思う。何日も気にかけてきてくれていたのに、ほんの数分、別の人と話していただけ、ぐらいのことでも、カッとくる。

自分が他人に依存する、依存の仕方が悪いのかな、とも思う。小さい頃から、物事や人によって明確に区別・優先順位をつけてきたし、「これを大事にする」という人や物に対して、それ以外のものを平気で犠牲にできる。

この感覚は、多分、親がそうだったから、だと思う。親自身が、結婚する時に全ての趣味を止めて、趣味のモノを売り払って貯金をした、とか、自分が生まれた時に会社を辞めて半年ぐらい毎日遊んでた、とか、そういえばチェーンスモーカーだった祖父も、自分が生まれたことをきっかけにキッパリとタバコを止めていた。そういう話を聞いてきて、「大げさだなぁ~」とは思うけど、自分もそうすることは自然というか、やぶさかではないと思っている。そこの価値観が少しでも違う人がいると、納得できないらしい。

ちなみに、弟が生まれた時は親は会社を辞めたりしてない。この事実を考えると、「自分の方が優先された」といった充足感がある。やはり、満足したり、不満に思ったりする場所が、厄介な方面にズレている感覚がある。

なんとかしたいなぁ。

SE は減点方式だから

日本の SE 考えてること

blog.livedoor.jp

SE が世間的にブラックな業界とされて、メンタルがやられちゃうことが多い理由を考えてみる。

完璧なのが当たり前な減点方式

パソコンはいつでも常に、命令に対して正確で間違いのない処理結果を返してくれるもの。一般的にそう思われていて、確かにバグを潰しきったシステムは、変更を加えなければ、金輪際ずっと同じように動作する。

「いつでも完璧に動くことが普通」とされるプログラムを作ることを求められるから、1つでもミスがあると「完璧なのが当たり前なのに間違えているなんて!」と追及されてしまう。1つのミスもしなければ「頼んだものが普通にできたね」と言われるが、1つでもミスをすればそこからは減点方式、途中にどんな努力があっても加点される要素がない。

勿論、1つのミスもない完璧なモノを作りたいと作り手も思っているが、作り手自体は人間なので、絶対にミスをするもの。その人が「頑張った」とか「よくやった」と評価される機会が1度もないから、報われない気分のまま落ち込んでいくばかりなのだろう。

成果が見えにくい

成果が物質として目に見えるものであれば、複雑に組まれた仕掛けだとか、大きさだとかで成果が比較しやすい。しかしシステムは、どれだけ裏で複雑な処理をしていてもユーザには一切伝わらないし、開発者間でもなかなか伝わってなかったりする。

システムに対する「パッと見」なんて、ユーザがデータを入力するフォームと、そのデータを表示する画面・帳票しかなくて、業務システムであればそれが斬新なレイアウトであることもほぼないし、インタラクティブに動作するイカしたデザインであることもない。ドブくさいバッチ処理や意味不明な計算処理にどれだけ苦労していても、ユーザにとってはどれも代わり映えしない見た目で、その凄さや複雑さ・規模などが伝わらない。

作り手も、頑張っていようとダラけていようと、旗から見るとパソコンに向かってカタカタやっているだけで、苦労が伝わりづらい。疲れた顔をしていても「大して頑張ってないくせに、仕事の仕方が下手なんだ」としか思われない。汗をかいている人のことしか「頑張っている」と思えないものだ。

ヨイショされることがない

世にある既存のシステムにどれだけの時間と労力がかけられているか分からないから、「システムって完璧に動くものでしょ?」と言われてしまったり、「こんなのちゃちゃっと作れるもんでしょ?」と誤解されてしまったりしている。

他の業界でも同じようなことはいくらでもあるんだろうけど、例えばテレビなんかで特集したところで、やはりその苦労や創意工夫は一般ユーザに伝わりにくいだろう。

契約の形態も大抵は「開発の時だけ人をそれなりに入れて、保守の時は1・2人で」みたいなやり方だから、「よくやったねぇ~!」「次もキミにお願いしたいよ!」なんて言われることがほぼない。自分だけ特別に評価される機会自体がほぼないから、続かないのかも。

自分で目標設定できない人はつらいかも

何度言っても物分かりの悪いバカな素人ユーザと、意味不明なコードをブチ込む無知な開発メンバ。その中で自分がどれだけ頑張っても、なかなか「求められる成果」には繋がらないだろう。「求められる成果を出すこと」を目標にしても、他人は変えられないし、「求められる成果」とは「1つのミスもない完璧なモノ」で、これは人間には無理なこと。いつでも間違えないパソコンの方が、人間本来の性質からしたら不自然なものなのに。

だから、「求められる成果を出すこと」を目標にするのではなく、「自分はコレをちゃんとやりたい」「自分はこういう風になりたい」という、周りとは関係ない自分だけの目標を設定できていないと、いつまでも目標が達成できなくて、報われなくて、頑張ってるのに努力しているのに、自分は向上できていない、迷惑をかけている、なんでこんなこと続けてるのか分からない、そんな荒んだ気分になるのも自然な流れだろう。

真面目にソースコードが汚い人間の弊害を考えてみようか

日本の SE 言語力 怒り プログラミング哲学

ソースコードが汚いってのがどういうことか、コードの保守性って方面ではなく、「そういう人間の存在がどう迷惑か」を語ろう。

というかもうこの場合、「ソースコードが汚い奴」は「分かりにくい文章を書いてくる奴」と言い換えてもほとんど同じ内容になると思う。

ソースが汚いとは

汚いと思うソースの特徴を挙げておく。

  • 改行・インデントが既存の周りのコードと全く合っていない
    • 追加したコードの塊の、手前は改行を2つ開けていて、空行にはインデントがないのに、塊の下の方には改行が3つ開いていて空行にもインデントがしてある、みたいな
    • コード行の行末にタブがいくつかくっついてるのは何なの?オシャレだと思ってんの?
  • 変数宣言するまでもないコード
    • 引数を一旦別の変数にそっくりそのまま代入し、文字列を変換したら引数自体に代入して return したりしている。何がしてんだわ
    • 文字の長さを取得するときに一旦 int 型の変数に入れてから返してたり。1回しか使わないというか、もうそこで処理終わるのになぜ?
      (説明が難しいんだけど、デバッグしやすいようにするための工夫、というワケではなく、本当に省略して平気なものもそうやってたりする)
    • というかもう変数の名前が意味不明なヤツ。なんだよその temp2 ってのは
  • 不要な処理が混ぜ込まれている
    • Java だと不必要な valueOf() とか toString() とかをかませたがる。ワケが分からない
    • 現場が Java6 なので最近の構文は使えないにしても、拡張 for 文で済ませたほうが自然なものを while 文にして、でも実は終了条件がループの中で if 文判定してる、みたいな…。ああもう…
  • 標準メソッドや導入済のユーティリティがあるのに車輪の再発明
    • 知識不足
  • コメントゼロ
  • コミットコメントもゼロ、もしくは「不具合の修正」のみ、みたいな。あー死んでほしいな

ざっと思いつくのはこんぐらい。

ソースが汚い人はどういう人間か

ソースが汚い人ってのは、こういうことが言えると思う。

  • 物事を体系的に考えて、分解して再構築する力がない
    • 物事の分割の仕方に一定の決まりがあって、レベル感を揃えてあるかどうか
    • 一つの処理のかたまりをパーツパーツで捉えられないのは無能だし、捉えてはいるけど部品ごとに構築する表現力がない、ってのもやっぱり無能
    • 「ザックリ言うとこういうこと」「ココだけに絞って言うとこういうこと」「ココは何のために存在していて、どこにどう影響する」ってことが言えないパターン
  • 対象の物事を、別の言語で言い換えられる語彙力がない
    • 日本語で表現されている設計内容を、英語やプログラミング言語に直せないということ
    • 下手すると設計書に記述されている以外の、類語を使って意味を日本語で説明する、ってこともできなかったりする。こうなると見た目アスペっぽいヤツ
  • 「これを他人が見たらどう思うかな」「来週の自分が見ても正確に理解できるかな」という他者目線がない
    • だいたいこれって、みんな他者目線を持ってるつもりで仕事してるからヤバイ。お前普段から相当に無神経だよ~、何も言われないのは呆れられてるからだよ~、ってヤツ
    • 意味不明な変数名、コメントの欠落はこの視点が完全に欠けていることの現れ。もはやコーディングの最中から、そいつ自身理解しないで書いていることが分かる
  • 周りとの統一感、整合性への配慮が欠落している
    • コーディング規約を読まない、フォーマッタをかけずにコミットするバカ
    • 既存機能と同じように作ったらいけない場所でコピペ駆動開発してたり、逆にコピペ駆動開発の方が都合が良い案件の中で新規にハードコーディングしてみたり
    • 周りに何があって動いているのか、自分がこれからブチ込むものがその中で馴染んでいるかどうか、その辺の価値観がまるでなってない

「自分でもあんまり分かってないけど多分これでいいや」「言われるまで考えたこともなかったけど、今後も考える気はない」って1ミリでも思って作ったモノがすべからくバグるからね。

全体的にみんな無神経なんだよね。それで後で困るの自分自身なのに、平気で無神経なことして、それでいて慢心してるんだよなぁ。それでも SE なの?プログラマなの?俺より金もらってんの?ふざけんなよ無能。

よくいう「技術力」って、言語仕様をどれだけ知っているかっていう知識量ではなくて。そんなものは今時点で知識を持ち合わせていなくても、API 仕様書を読む習慣がついていればいいわけで。API 仕様書が読めないってのは英語だからって拒絶して読む気がないパターンで、「英語分かんないんです~ (ヘラヘラ)」で逃げられると思ってんなら仕事なんかしてんじゃねえよ読めやバカ

知らないことに対して何をヘラヘラしてんだよ。恥じることだぞ?真剣に考えたほうがいいよ自分のことしか考えないなら余計に。まず首切られるのお前だからさ。逃げてんじゃねえお前自身がやるんだよ。

あらゆる分野に対して、概念をどれだけ持っているか。真に良いものをどれだけ作りたいと思っているか。そうする個人の真意が「理論武装して俺 TUEEE をしたい」でもいいし「楽をしたい」でもいいんだけど、「この改行の数と形はこれでいいかな」「ベースはコピペ駆動で作るにしても、この1文字はこのままで良いだろうか?」そういう意識を、本当に1文字単位で持たなきゃいけないんだよ。

コードだけじゃない、設計書でもメールでも、「俺日本語得意じゃねえからさ~ (ヘラヘラ)」って言ってたらその誤字が許されるとでも思ってんのか?というか、許されると思ってるからヘラヘラしてんだろう。実際に懲罰がついたらようやく焦りだすパターンだろう。おせえよそんときは。

自分と異なるものでも、哲学を持っている人がいい。哲学がないよりは。

真面目にソースコードが汚い人間の弊害を考えてみようか

ソースコードが汚いってのがどういうことか、コードの保守性って方面ではなく、「そういう人間の存在がどう迷惑か」を語ろう。

というかもうこの場合、「ソースコードが汚い奴」は「分かりにくい文章を書いてくる奴」と言い換えてもほとんど同じ内容になると思う。

ソースが汚いとは

汚いと思うソースの特徴を挙げておく。

  • 改行・インデントが既存の周りのコードと全く合っていない。
    • 追加したコードの塊の、手前は改行を2つ開けていて、空行にはインデントがないのに、塊の下の方には改行が3つ開いていて空行にもインデントがしてある、みたいな。
    • コード行の行末にタブがいくつかくっついてるのは何なの?オシャレだと思ってんの?
  • 変数宣言するまでもないコード
    • 引数を一旦別の変数にそっくりそのまま代入し、文字列を変換したら引数自体に代入して return したりしている。何がしてんだわ
    • 文字の長さを取得するときに一旦 int 型の変数に入れてから返してたり。1回しか使わないというか、もうそこで処理終わるのになぜ?
  • 不要な処理が混ぜ込まれている
    • Java だと不必要な valueOf() とか toString() とかをかませたがる。ワケが分からない
    • 現場が Java6 なので最近の構文は使えないにしても、拡張 for 文で済ませたほうが自然なものを while 文にして、でも実は終了条件がループの中で if 文判定してる、みたいな…。ああもう…。