Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

そいつの成長速度を待っていられない

大体の人間は、ある職場環境に放り込んで、これをやれってモノを与えておけば、何年かかるかは分からないが、いつかきっと、求められる水準に達せるだろう。

しかし、そうなれるのに何年かかるかは分からない。

ニホンノエスイーのように、開発案件に放り込まれて、特にコードもテストの中身もチェックされず、行数や結果件数しか確認されていないような仕事の仕方だと、手続き型で保守しづらい、潜在バグの多い作りでも、その場では OK が出されてしまい、本人はうまく出来たものだと勘違いしたまま生きることになる。

野放しにすると、人間自分の都合の良いように解釈するから、全然平均的な水準に達してないのに、自分は割と出来る方だと思い込んでたりする。

だから普通は OJT とかをやって、その期間に要求水準に達してもらうよう指導するワケだが、バカが呑気に「ただ教えを聞くだけの期間」だと思ってやがる。

そういう奴は自分の学習スタイルや学習スピードを変えないし、要求に合わせて変えようと工夫することもできない。

あのなぁ OJT はお前の成長速度に合わせてマッタリやるもんじゃねぇんだよ。お前程度の人間が一刻も早く迷惑かけない存在になるために急いで勉強する時間なんだよ。お前のこれまでの学習スピードなんか待ってられっかバカ。

組織ぐるみで教材や指導方法考えてってるのに、こんな怠けた奴ばっかりで使い物にならないショボい奴しかできん。こんな奴は自分のグループには要らない。お前程度のレベルの奴に向いてる他の現場に行け。

最初にダメな奴は、こういうワケでこっから教育しても無駄だ。それまでの生き方、親の育て方に難があった証拠だ。こっちは親じゃねえからそれ以上の面倒は見られん。この現場に求められる水準に達せていないのだから、早く首切るしかない。

困った新人を輝く新人に変える「意識カード」

困った新人を輝く新人に変える「意識カード」

  • 作者: 富永 厚司,「元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

気が回る人が損する世界

無神経な人は周りに嫌な顔をされても気付かないから、横入りしたり、人を押しのけたり、周囲に迷惑なことを平気でしまくる。

一方、気が回る人や神経質な人は、対向車の様子、すれ違う人の同線に早くから気が付いてるし、自分の後ろで不穏な動きがあるとすぐさま感じ取れる。

そういう人は、ぶつかって怪我したりするようなトラブルを避けるために自分から先に身を引くワケだが、そうすると無神経な相手方は、身を引いてもらった分だけ自分の前に余裕ができるから、容赦なく割り込んできて占領する。

こういったような、無神経な人がその場を支配でき、気が回る大人の方が肩身の狭い思いをすることは色んな場面でこと起こってて、気が回る人は色んなことが気になってしまうから、物凄くストレスを抱えて生きることになる。

どうして、周りを見て調和をとろうとすることができる大人の方が、こんな思いをしなきゃならないんだろう?

無意識のうちに自然と気を使ってしまう、気を使えてしまう人は、周りがそんな調子なら、と、意識的に無神経な行動をとってみたりする。そうすると、自分がとってみた無神経な行動で周りに身を引かせたことも察知できてしまい、それはそれで居心地が悪い。

かといって我慢していると、やっぱり無神経な奴らにズカズカと自分の領域を侵害されて、だんだんと、無神経なクズどもに暴力を振るって、自分の視界から追い出したくなってくる。

正直者が馬鹿を見る、というか、気を使える方が我慢させられる、どうしたらこんな思いしないで済むだろう。

他人を平気で振り回す迷惑な人たち (SB新書)

他人を平気で振り回す迷惑な人たち (SB新書)