Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

いくら言っても本人が経験しないとやっぱり理解されない

後輩指導はやっぱり難しい。

自分がつまづいたことに同じだけの時間をかけてほしくないな、と思って手厚くフォローしてみたりしても、それに甘えて受け身な人材にしかならない。

だったら逆に、インプットを多く詰め込んでいっぱい調べさせて考えさせる方が自立するのかな、と思いきや、ただパニックを起こして何も出来ずに終わるヤツばかり。

自分より4・5歳若い人となると、小中学校でのモノの教わり方から自分の時とは違うだろうから、「自分が1・2年目の時だってこんな酷くなかっただろ…」って思うような人間も続々出てくる。残念ながらこれからは彼らのような人間ばかりになっていくし、もしかするとそういう人たちに合わせて世の中の仕組みが変わっていくのかも、とは思う。

とはいえ、「自分が書いた文章は読み返して間違いがないようにしておかないといけないよー」なんてレベルの話は、適切なビジネスコミュニケーションとか自己発信に関わる話だから、今後も重要なスキルになってくるだろう。

基礎の基礎が出来ていない時は特に口酸っぱく注意するのだが、なんだかどうも反応が悪い。分かってないのにハイハイ言ってるだけというか。どれだけ順を追って問題点と将来的なリスクを説明してもフワッフワしている。口頭での注意だけでなく、文書化してルール化しても徹底できず、「ルールを見忘れてました」が続く。

こんなことも出来ないままでは、いつか酷い目に遭うことになるだろうが、どうも実際に酷い目に遭って、自分の内面から本気で焦るような経験をしないと、こういう人は変わらないんだろうな、と思うようになってきた。

言っても無駄なんだ、と思ってからは、言っても治らない奴を気にしなくなってきた。

客に無神経なメールを送って、名指しで怒られればいい。曖昧な思い込みや不注意で本番障害を起こして、会社の評価や売上に損害を与えてこっぴどく叱られればいい。それでソイツが本気で改心できればそこからは治っていくだろうし、それでも分からない奴は切られるだけだ。

もちろん、きちんと想像できる人もいて、そういう人は予め注意点を伝えるだけで先回りして行動を変えられる。だが、ダメな奴はてんでダメで、ヒヤリ・ハットぐらいの「危ないところだけど何とかなった (周りに何とかしてもらった)」という経験では不十分なことが多い。本当に重大なインシデントを起こして、「さすがにもう庇えないわ」と周りに見放されるような経験をするまでは、何も改善しないだろう。

その人がどのぐらいの「酷い目」「ヤバい経験」で焦るかは人それぞれで分からないが、なるべく周りへの悪影響・実害が少ない事例で本人が気付けるに越したことはない。

こっちも親じゃないのでいつまでも面倒見られん。早く何を注意されているのか気付ける人間になってもらいたい。

もしかして仕事のことを考え過ぎだろうか?

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

ウチの親父は長いこと営業職をやっていて、よく夕飯を一緒に食べながら「今日こんなひっでぇ客に会ってよぉ」とか「何でこういう状態になるんだよ、って思うよなぁ〜?!」なんていう、仕事の愚痴を、子供でも理解しやすく噛み砕いて、面白おかしく話していた。幼かった頃の僕も「子供でもそれはおかしいって分かるのに、何でそんなひどいことになっちゃうんだろうねw」とか、「その『はくりたばい』っていうのはどういうこと?」なんて話したりするのが結構好きだった。

親父が愚痴っぽいとか、「そんなの愚痴るようなことかよ」とか、「それは親父の方が神経質だわ」とか、そんな風には思ったことなかったので、大体どんな家庭でも、それなりに親の仕事の話をこうやって聞いたりするのかなーと、勝手に思っていた。


自分が会社に入って働くようになり、会社のルールのくだらなさや、アホな客に出会った時のゲンナリ感、同僚や後輩のとんでもない行動とか、親父が話していたような事態に自分も遭遇するようになった。

休みに彼女とデートしながら、「そういやこの前会社でこんなことあってさぁ〜」「さすがにコレは新人でも気が付くだろ、って思うよねぇ!?」なんて話をしたりしていた。彼女も大抵同調してくれたし、「ウチの職場でも近いことがあってー」などとよく会話していた。

彼女と同棲するようになり、そんな話も毎日できるようになって、ある時ふと気が付いた。

「俺は仕事のことを考え過ぎなのだろうか?」

せっかく家に帰ってきて、(もう入籍したので彼女ではなく) カミさんと団欒できるというのに、わざわざその日あった嫌なことを蒸し返して、無関係な人間に聞かせて、「あぁそれは酷いことだ!」と思わせてはいないだろうか、と。

率直に妻にその疑問を伝えると、「確かに仕事の話の割合は多いかもね〜」と言っていた。聞きたくもない話ばかりでウンザリ、という様子ではなかったのがまだ救いだったが、僕は仕事の愚痴以外に好きな人との会話の内容を持っていないことに気付いた。


ここでいう「考え過ぎ」とは、ワーカホリック的な意味合いの、建設的な「考え過ぎ」ではなく、「アイツいつまで経っても同じ失敗するよなぁ」とか、「ウチの会社のこういう雰囲気が嫌い」というような、自分で変えられないモノに対する苛立ちばかりだ。自分がコントロールできないことは、いくら時間をかけて考えても解決策が見つかるようなモノではないのだ。

愚痴っても周りの人間や環境が変わるワケではないことはよく分かっている。でも、「これっておかしいよね?俺の考えの方が良くない?」というモヤモヤとした思いを消化しきれず、妻に話して同意を求めているんじゃないかと思った。

小さい頃、親父が話していた「仕事で遭遇したトンデモナイ人たち」の話も、もしかしたら愚痴って同意を得たかっただけなのかもしれない。僕は面白おかしく聞いていたし、それを聞くのが好きだったので、何ら問題はないが、これは親子だったから違和感を覚えなかっただけかもしれないし、たまたま親父の話し方と、僕が楽しく思うポイントがマッチしていただけだったのかもしれない。

妻は僕の愚痴話を喜んでいるだろうか?これは家族に聞かせてポジティブな作用のある話題なのだろうか?

そんなことを思うようになった。


それから、妻から切り出す話題を観察していると、妻の場合は、ニュースアプリで見た映画関連の話題とか、都内のスイーツの話とか、仕事とは全く関係のない話題がほとんどなことに気が付いた。仕事の愚痴話になるのは、いつも僕からそういった話題を切り出した時だけだった。

妻は意識して仕事の話をしないようにしているのか、それともきちんと「仕事」と「プライベート」が切り分けられていて、自然に仕事のことを考えなくなっているか、どちらかは分からない。でも僕は、意識的にせよ無意識にせよ、仕事上の嫌なことを引きずって、仕事から離れた時間もそれに頭を使っているようだった。


幼馴染の友達と久しぶりに会った時も、最後に会ったのが入社直後ぐらいだったこともあり、「会社入ってからどうしてるー?」という話を多くした。同業故にお互いの仕事内容も想像しやすく、「あれはおかしい」だとか「それは古いやり方だ」とか、そういう愚痴も長く話した。

恐らくは、お互いに日頃の鬱憤がそれなりに吐き出せたのかな、とは思うが、それにしても自分は愚痴りすぎたかなと反省した。もっと別の、明るい話をすればよかったかな、と。


自分は中途半端に神経質だし、自己中心的に完璧主義なところがあるし、天邪鬼なところがある。こういう性根が染み付いているせいで、ついつい周りにはストレスを覚えるし、自分の思ったようにコトが進まなくてイライラする。

もちろん、自分が世界の中心ではないし、そんな影響力もないので、「僕が勝手にイラついている」ことは明らかなのだが、一方で「俺目線の人生だ、みんな俺が思ったようにやれや」なんていう勝手過ぎる思想もある。

そんなこんなでいつもモヤモヤしているし、口から出る言葉は「周りがおかしい、俺が正しい」的な言葉ばかりだ。

だが、いいかげん所帯持ちになったことだし、こういう自己中心的な考えは意識的に消していかなくてはならないだろう。自分自身、こんなことばっかり考えていて、凄く疲れるし、無駄だと感じる。止めたい、穏やかに生きたいのだ。

だから、これからは意識的に、自分が発信するモノはポジティブな内容にしていこう、と思うのだ。すぐには改善できなくても、無駄なことにグチグチグチグチするのは止めていこうと思う。

職場を出たら、仕事のことは忘れる。プライベートでやりたいこと、家庭でやるべきこと、妻のためにできることを考える。その方が健全だろう。最初はかなり意識的にやらないと、ついつい仕事のイライラを思い出しながら帰ることになりそうだから、頑張って思考を切り替えなくてはならない。

ポジティブに生きるには、頑張ってポジティブなことばかり考えるようにしなくてはいけないだろう。