Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

Twitter 永久凍結後の挙動

僕は Twitter アカウントを永久凍結されている。バカな連中に対してバカと書き込んでいたら凍結されたのだ。

で、永久凍結されたあと、新たにアカウントを作ろうとするとどうなるか、試してみたので挙動を紹介する。事例が少なそうなので。

どうも Twitter は IP アドレスだけでなく、スマホ・PC の端末情報なども覗いているらしく、新アカウント作成後すぐに「電話番号で認証しろ、じゃないと作業を続行させんぞ」という表示が出る。当然全く異なるメールアドレスを使用しているのだが、Twitter はこの時点で「コイツ、過去に永久凍結させたヤツに近い接続情報やな」と見抜いているのだろう。

そこで電話番号を入れたら最後、永久凍結した個人と同じヤツで確定やな、この新アカも凍結や、となる。

つまり永久凍結を回避して新アカを作るには、永久凍結されたアカウントと異なる端末、電話番号、IP アドレスを用意しないと、「個人」が同一であることを特定されて、アカウントが作れないワケだ。

恐らく他にも Twitter が読み取っている情報はあるだろうから、永久凍結された時に接続していたインターネット環境を諸々使わないようにしないと回避しきれないだろう。

心当たりがあろうとなかろうと、一度永久凍結されたら、いくらサポートに異議申し立てなんかをしても無駄みたいで、復活はさせてもらえないようだ。

Twitter はこうやって「有害」な個人を Twitter プラットフォームから排除して、独自の世界を構築している。

日々様々などうでもいい話題で賑わう Twitter。何者でもないのにお気持ち表明を一生懸命行い、Twitter なんかで騒いでいても何も変わらないのに、そこで声を上げることが意味のあることだと勘違いしている。タイムラインの間に挟まる広告を見させられることで企業に収益をもたらし、レコメンドに思考を乗っ取られ、いつの間にか自分の性格や嗜好が改ざんされている。そして当人はそんなことに気付かず、Twitter という沼に自分をうずめていく。

Twitter はこんな風に個人を特定し、操作する術を持っている。健全に使いこなしているつもりの人も、よくよく自分が何にどれだけの時間と思考を吸い取られているか、見返してみてほしい。

スマホ廃人 (文春新書)

スマホ廃人 (文春新書)

  • 作者:石川結貴
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 新書

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

Neo's Release Notes v29.09.3 (2020-09-20)

ダラダラと。

先週立てた「今週の目標」と振り返り概要

2020-09-13 ~ 2020-09-19 の目標。

  1. 生活
    • 託す先探し進める → 達成
  2. 個人
    • リングフィットアドベンチャー、週2でやる → 未達成
  3. 仕事
    • 疲れないように最低限の労力でやり過ごす → 達成

生活関連の振り返り

託す先探し進めている。

ちょっとバタバタあって、凄く疲れた。大義名分があるから何とかなっているというか、大義名分のために生きている。

個人関連の振り返り

リングフィットできておらず。

Netflix で「監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影」を見始めて、まだ見終わっていないがかなり怖くなった。単にスマホをイジる時間が長いことではなく、「SNS を開かないと気が済まない」という気持ちが強いと、だいぶ中毒症状出てるんだろうなーと。自分の子供達世代なんかは当たり前に SNS があって、その危険性をどれほど理解して使えるか、とても心配になった。何より、そういうサービスを作っている自分たちが、その理屈を分かっているにも関わらず SNS 依存している状態で、避けようがないのではないかとすら思ってしまう。

意識的にスマホを見る時間を減らすようにしだした。Mastodon と Misskey は止めた。

…のだが、「スーパーマリオ 3D コレクション」が届いて、懐かしのスーパーマリオ64をやっている。チートやどこでもセーブを使わずプレイするのは久々だ。Switch の JoyCon だと操作性が若干違ってなかなか難しい。w

仕事関連の振り返り

力を抜いている。疲れないように。

今週の目標

2020-09-20 ~ 2020-09-26 の目標。

  1. 生活
    • 託す先探し進める
  2. 個人
    • リングフィットアドベンチャー、週2でやる
    • スーパーマリオ 3D コレクションやるのも良いけど、スマホともども、ほどほどに
  3. 仕事
    • 来週は日数少ないし、最低限やるべきことだけやって温存する

今年はハボセンヌの収益が落ちていて、Twitter 止めたら余計に収益落ちて、それだけつらい。w

Neo's Hatebu で NG 指定していたキーワードたち

拙作のはてなブックマーク閲覧 Web アプリ、Neo's Hatebu

neos21.hatenablog.com

github.com

2018年11月に作成して以来、毎日使っている。


僕は政治に興味がない。SNS で日々議論されている、差別やフェミニズムや、コレが古い誰が悪い、そういう話に全く興味がない。そういうのを目にするのが嫌でこのアプリを作ったし、Chrome 拡張機能を多用して見たくないキーワードを置換・削除したりして、徹底的に自分の生きる世界から排除してきた。

おかげさまでこの2年間、だいぶ平穏に生きてきた。見たくもないニュースが視界に入ってイライラすることはなくなり、代わりに自分が読みたい技術関係のネタや面白系の記事にフォーカスできるようになった。昔よりはアンガーマネジメントが出来るようになったとは思うし (当社比)、イライラが持続することはなくなった。

何より、Twitter アカウントを凍結されて、完全に Twitter から足を洗ったのが良かったと思う。テキトーに Mastodon や Misskey のアカウントを作ってあるものの全然見ていないし、オレオレマイクロブログに引きこもって何ら問題ない生活を送っている。

github.com

イライラはなくなったし、自分はコレ以上何も変わらなくて良いというところまで来た。


2020年に入って、流行風邪によって自宅勤務が始まり、半年が経った。自分は元来インドアで、家にいることが大好きなので、家から出ずに済んでいるのはとても嬉しいことだ。買い物もネットで済ませているので、ホントに1週間くらい全く外出しないこともある。

外に出なくなったので、街中のキモいオッサンや無神経なババアにイライラすることが減った。仕事上の人との関わりも大きく減って、テキストベースのやり取りが中心になったので、物分かりの悪いヤツ、話が下手なヤツにイライラすることが減った。

また、自分の生活環境にも変化があった。朝は早く起き、8時間仕事をして、夕方早々に食事を済ませ、日をまたぐ前に就寝する、健全な生活を送るようになった。睡眠時間が伸びて、家から出ていない割には健康に過ごしていると思う。テレビは1日2時間も見なくなった。

今年の様々な変化は、自分にとって全てが良い方向に転換したと思う。


余計なニュースを見てイライラしなくなった。家から出なくなって、世間にイライラしなくなった。

コレは確かだし、今後もコレを続けていて良いだろうと、9割以上本気で思っている。

しかし同時に、家の中での会話で何故かイライラしてしまったり、暇をうまく潰せずに過ごす時間ができていたりすることが、時々あることに気付いた。

どうも、自分が心地よい情報だけ摂取して、イライラの因子と完全に出会わなくなったことで、ストレス耐性が落ちてしまったようだ。

些細なことでイライラする。多くのニュースを読まなくなったこともあり、長文を読むのが苦手になった。言葉を飛ばして読んでしまう。

仕事上のやり取りで会話が成立しないのは、単に相手がバカだからじゃなくて、自分の読解力が格段に落ちてしまったからなのではないか。

自分は家から全く出ないのが心地良いと今も思っているけど、それでもやっぱり、多少は外の世界に触れておいた方が、結果的には良いのかもしれない。認めたくないけど。

そう思うようになってきた。


そこで、あえて嫌っていたニュースを、また読むことにした。

メインは、長文を読む訓練。ネットニュースもテレビも、視聴時間が大幅に減っていて、読む力が落ちていると思ったので、まずは読んだり聞いたりして、理解する訓練をしたい。

ニュースを見てこなかったことで、自分には右とか左とかいう思考がない。何も支持していないし何も反対していない。自分より賢いであろう政治家さんたちが頑張ってるんだから任せたって感じで、全く興味はない。

今後も「僕個人」としてはそういう興味は出ないと思うが、かといって何も知らないのもなんだかダサいなと思ったので、政治やバズってるつまらん話題もウォッチしていくことにした。

で、わざと右寄りな感想、左寄りな感想を考えてみて、「自分個人がどう思っているか」とは切り離して、思考の訓練をし直してみたいと思う。大学時代はこういうことをやっていたので、それのリハビリ。

自分個人の考えは持たないようにすることで、事実と解釈を切り離し、「自分の解釈」によってイライラする反応を止めたい、というのも狙い。

コレまでの自分は「見たくないモノにフタをする」方式だったワケだが、「見てもイラつかないようになる」方式にシフトしたい考えだ。そしてさらに、賛成・反対、どちらの意見も想像する力を養いたい。

多分めっちゃ疲れるし、やらなくていいことだろうとも思っているが、世間知らずなのもなんかなーと思うので、試しにやってみる。

雑に始めて雑に飽きるのも微妙なので、強制するためのルールを自分の中で設けていて、その取り組みを止めて良いことにするゴールも決めてある。しばらくは続けてみようと思う。


んで、自分が見ないようにしていた記事をまた見るようにするため、Neo's Hatebu に登録していた NG キーワードを全て削除した。

僕は以下のようなキーワードを NG 登録していた。

See the Pen NG List by Neo (@Neos21) on CodePen.

政治、差別、オタク文化のアレコレ、聞く気にもならない声がデカい著名人、正解の出にくい倫理的な話題を、徹底的にブロックしてきたことが分かると思う。

今後の自分は、これらに対し「本当の自分の反応をしない」ことで対処してみようと思う。

果たしてうまくいくかしら。少しでも好転することがあればいいなーと思っている。

[図解] アンガーマネジメント超入門 怒りが消える心のトレーニング

[図解] アンガーマネジメント超入門 怒りが消える心のトレーニング

  • 作者:安藤 俊介
  • 発売日: 2018/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)