Murga

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 を読んだ

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本、という本を読んだ。 HSP、Highly Sensitive Person。日本語でいうと「高感受性」という特性が、一部の人にはあるそうだ。日常会話だと「気にしい」「心配性」「神経質」といった言葉で表現され…

Excel で設計書作るのそんなに悪いことか?

僕は長らく Excel で仕様書や設計書、テストケースなどを作ってきた。現在も、何か情報を整理しようと思うと、とりあえず Excel に書き始めている。とある現場では「Excel マスター」なる称号をもらったりしたし、Excel の細かな仕様は技術ブログ Corredor …

契約による設計・契約プログラミングが少しワカッタ

「契約による設計 Design By Contract」とか「契約プログラミング Programming By Contract」とか、単語は聞いたことあったけど何するもんなのかよく分かんねーなーと思ってた。 Wikipedia の記事を抜粋するとこんな感じ。 参考:契約プログラミング - Wikip…

俺が弊社に指摘していた「認識の甘さ」が大事件になってたご報告

(※ 多分にフェイクあり) 弊社は技術力の高い人間はまぁまぁいるが、ビジネスコミュニケーションスキルが皆無だったり、契約や書類仕事が低品質で雑だったりする。「俺達は技術力で戦うぜヒャッハー!」的な学生っぽいノリだけでやってきた小さい会社なので、…

クラウドやるならアプリやインフラの垣根はなくさないと

フェイクあり。 オンプレからクラウドへのシステムリプレイス案件に携わった。PM はイベントに登壇して「エンタープライズにおけるクラウド移行の勘所」みたいなのを語ってるような人だったので、さぞ見識が深いのだろうと思っていたけど、いざ蓋を開けてみ…

Netflix オリジナルドキュメンタリー「FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー」を観て、完全に今の現場じゃんと思ったり

Netflix オリジナルドキュメンタリー「FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー」を観た。 2017年に開催された「Fyre Fesival」という音楽フェスは、美女たちが青い海ではしゃぐ PR 映像が SNS で話題になり、「最高の音楽・食事・アートが体験できるフェス」…

きちっとしてぇよぉぉぉぉおおおおお

あああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーもっときっちりしてえよぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお どうして皆そんな雑な仕事が出来るんだぁ~~~その雑さは…

読みづらいコードを見かけたから文句を言う

読みづらいコードを見かけたから文句を言う。 変数名が意味を表現していない。 例 : itemNumber・dataCount。前者はアイテムの ID かなんかかと思いきや個数 (length) を示すモノ、後者はループ中の index を示す変数名だった。 何が悪いの? : 何のために存…

「ざっくり」とか言うヤツ、いつまでも「きっちり」できない説

似たようなこと前にも書いたんですけどね…。 neos21.hatenablog.jp 「ざっくりとですが叩き台を作りました」 「時間ないからざっくり説明するね」 ざっくりしたモノは要らねえ、きっちりしたモン出せや って思うんだけど、いつまでもきっちしりたモノは出て…

省略時に適用されるデフォルト値を明示的にコーディングすべきか

記述を省略した時に、何らかのデフォルト値が適用されるプログラムに対して、 「デフォルト値が自動設定されるなら、いちいち分かりきったことは書かなくていいべ」 と考えるか、 「自動設定されるデフォルト値でろうと、その値が設定されて欲しいのであれば…

「『対人関係療法』の精神科医が教える『苦手な人』とのつき合いがラクになる本」を読んだ

水島広子さんの本。ヤなやつパンダと主人公ウサギのイラストが可愛い。 苦手な相手がいる。なぜその人を苦手だと感じるのか?それはあなたが、その人に対して「コントロールできる感覚」を持てていないから。人間は自分が物事をコントロールできることを望む…

五百田達成「言い返す技術」を読んだ

五百田達成さんの「言い返す技術 ムカつく相手にスパッと言い返す」を読んだ。 デリカシーのない言い方をしてくる人、自慢話が過ぎる人など、話していて「あーコイツ嫌いだなー」と思う人間をタイプ別にまとめ、彼らがどういう原理でそのような言動を取るの…

「ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」を読んだ

以前、「プログラマが知るべき97のこと」という書籍を読んだ。その内容は以下のウェブサイトでも全文読める。 プログラマが知るべき97のこと 今回は「ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」を、ウェブサイトで読んだ。 ソフトウェアアーキテクトが知…

脳内垂れ流し

本当はもう書きたいことなんかなくなってきているのだけど、何かを書く。 書いたら気が済んだ このブログでは、僕が仕事で不満に思ったことをベースに、「こうしたらいいのに」という希望を多く書いてきた。最近はそうした愚痴も湧かなくなってきた。周りが…

発信者がコストを払っていない会話は総コストがかさむ

チーム開発、ひいてはビジネスにおいて、口頭伝達や電話連絡のような、話したい側が話したいように話せる仕組みばかりを多用して情報発信してしまうと、全体的なコミュニケーションコストがかさむと思う。 聞き手は、話し手の時系列を想像し、話し手が前提と…

スペースがあることを明示するために使えそうな空白記号文字「␣」(U+2423 Open Box)

技術系の説明の際、「スペースを必ず入れること」を明示するために、どのような文字を使うと上手く表現できるか調べていた。 すると、Unicode : U+2423 の Open Box (JIS 名称「空白記号」) という文字がコレに適していた。 ␣ ↑コレ。 HTML 中で文字参照で使…

酒を飲ませない会社を求めて求職記事作ってみた

飲み会撲滅委員会会長 (自称) の Neo です。 飲み会のない会社を求めて、勢いで以下のような求職記事を作った。 gist.github.com 現職は、公私混同でただ仲良くするだけの「コミュニケーション」と、適切な報連相を行えるスキルとしての「ビジネスコミュニケ…

西村博之「自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術」を読んだ

2ちゃんねるを作った人物として知られる「ひろゆき」こと西村博之の「自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術」という本を読んだ。 僕は元々他人の目を気にしない方だし、どちらかというと既に一人勝ちメンタルを会得している気が…

30歳限界説

プログラマに対する35歳定年説なんて言葉があって、最近までは「な〜にが、そんなの馬鹿げてるぜ、俺は一生プログラマだわ」って思ってたけど、最近の僕の中では30歳限界説すら感じ始めてる。 プログラミングが嫌いになったワケではないが、以前ほどの興味が…

実例に見る、バグの原因を見つけるアイデア:catch 句の中で例外が発生している

何かバグが起きた時、どうしてそれが起こっているのかすぐには特定できない場合がある。 今回は、僕が実際に遭遇した「一見しただけでは特定しにくかったバグ」を紹介することで、似たようなバグに出会った時の参考にしていただければと思う。 サンプルコー…

エンジニアらしい Excel にしたかった

ニホンノエスイーは Excel を表計算ソフトとしてではなく、方眼紙として使用するのはよく知られた事情。モロにニホンノエスイーだった前職から転職した今も、方眼紙を作らされることはよくある。 現職ではご意見番の長老が幅を利かせていて、とにかく Excel …

コードを書かずに GitHub の草を生やしたいなら、GitHub Issues でタスク管理する

転職活動の際に、GitHub アカウントの提示を求められたりする機会が増えているみたい。自分も実際、転職活動中には GitHub アカウントを教えてと云われて、見せたことがある。 僕の場合は、転職活動当時は「ライブラリを試しに使ってみた」リポジトリを立て…

Factfulness ようやく読了・期待ほどではなかった

2019年の年明け早々、結構流行っていた「Factfulness ファクトフルネス」という書籍。 ファクトフルネス買った! タイトルと帯から「おまんらバイアスまみれだから正してやるべ」的な本だなーとは思ってて、読み始めたらそのとおりだった。 直感に反する統計…

「~~なはず」と言った数だけトラブルは起こる

この設定項目は正しいはずだから、違うところをチェックしてみよう Git の使い方を間違えるような開発メンバはいないはずだし、master ブランチへの Push を禁止する必要はないだろう この Excel 管理台帳はみんなちゃんと書いてくれてるはずだから、このと…

「トータルで下手」な人たち

僕が現在務める会社に行く道のりは、横断歩道が若干多い。50m 歩くごとに信号に捉まってしまい、朝の通勤ラッシュ時は特に、足止めされている感覚に苛立ちを覚えなくもない。 とはいえ、別に遅刻の心配はないし、急いで出社してやらなくてはならない仕事もな…

Oracle Cloud Infrastructure の構成図とかに使われるアイコンが配布されていた

ネットでよく見かける Oracle Cloud Infrastructure のアーキテクチャ構成図には、お決まりのアイコンが使われている。 Oracle 公式が用意してるんだろうなぁーとは思っていたが、一般利用できるよう配布されていたので紹介。 アイコン集: Oracle Cloud Inf…

いよいよ図の方が大事な気がしてきた

以前こんな記事を書いた。 neos21.hatenablog.jp 図に起こした方が分かりやすい場面は多い。しかし、テキスト情報がないと、ググラビリティ (検索容易性) が低いと思う、という話だ。 ググラビリティは確かに低い。しかし、文字で示した情報って、そこまで大…

Kubernetes とか XaaS とかの概念整理

Kubernetes の概念の理解が大変だったので、雑多にまとめる。また、コレに関連して「XaaS」(「なんたら as a Service」系) の話も、自分が調べた範囲でまとめてみる。 Kubernetes 全般 Kubernetes は、1つの Master Node が統制を司り (マスター)、複数の Wo…

コンソール・ターミナル・シェルあたりの用語を整理する

コンソール、ターミナル、シェル。似たようで違う言葉なので整理する。 コンソール ターミナル ターミナルエミュレータ シェル 以上 コンソール 元々は、中央サーバを直接操作する卓のこと。 「タイムシェアリングシステム」の登場によって、中央サーバを多…

ネーミングによって存在を認められる気がする?

物や事象、概念に名前を付けると、「そのモノ」と「それ以外」を区別できるようになる。 例えば、何かに造詣が深い人たちに「オタク」という名前を付けると、「オタクな人」「オタクじゃない人」と分けられるようになる。しかし、「オタク」な人たちの中には…